田舎の土地を売る~なるべく高く売りたい時に考えておく事

現時点で田舎に土地や一戸建てを所有している方は、今後どうしようかと、頭の片隅にはあると思います。今回は、田舎の土地を売る事になった場合に、どのように考えて売却していけば良いのか?どうすれば高く売れるのか?田舎の土地は売れずらいと聞くけどどうなの?など、売る為に考えておかなければいけない事があります。

田舎の土地を売る前に確認しておく事

まず田舎の土地を売る前に気をつけておくべき点として、現在土地には建物があるかどうか?

よく、古い建物なので価値はないから!と初めから解体することを決めている方がいますが、解体する前に確認しておかなければいけない事があります。

まず、その一戸建てはもう住む事ができない(倒壊の危険性がある)くらい痛んでぼろぼろなのか?という事、もしも倒壊の危険性があるのなら、解体も止む無しと考えられますが、まだ住む事ができる場合には、残すという選択肢もあります。

解体してしまうと売れない物件になる場合がある

注意点として、解体してしまう事で家が建てられない場所に土地がないかどうかを確認してくだい。接道義務というのがあり、道路に2メールと以上接していない土地に建物を建てることができない決まりがあります。土地によっては建物を壊してしまったら新たに建てられなくなる事もあり、買い手からすると住宅用地としての購入できないため売れない土地になってしまいます。

その為、解体する前に必ず確認しておかなければいけません。

また、2メートル接道している場合でも、売却エリア内において、リノベーションする事を前提として探している人がいないかなどを予め調査しておかないと、解体することで、リノベーションを考えて家付きの土地を探している方を、みすみす逃す事に繋がってしまいます。

一般的に、土地を売るなら、更地にしていた方が売りやすいと言われますが、それは土地だけを探している方にとっては?という話しです。その為、土地を探す人のみをターゲットにするなら、更地にして売却する方法もありますが、もしも上記で言ったように、リノベーションなどをする為に、家付きを探している人もターゲットとして考えるなら、必ず古くても家を残す必要があります。

この辺りの話は、自分で判断するよりは、不動産会社に相談して、これまでの取引事例や、どのような買い手が集まる傾向があるのかなど、聞いた上で相談する事をオススメします。

田舎の場合、購入したいという方が、都会と比べると当然少ないので、どういった人をターゲットとするかを考えて売却活動しないと、売れる物件が売れない事になってしまいます。高く売る以前に考えておかなければいけない事です。

田舎の土地をなるべく高く売るには?

普通に考えると、田舎の土地を高く売る事は非常に難しいと考えられます。というのも、都会のように、その土地を必要として検討している方の数が圧倒的に少ないからです。そのため、買い手になるターゲットにいかにして情報を伝えるかが重要になってきます。

田舎暮らしが注目されているので、自治体に補助金などがある地域は移住者をターゲットとしてみたり、事業に利用したい方(古民家カフェ、太陽光発電用地)、近所の人など、ターゲットとなり得る人を想定して売却戦略を練ることが大切!なわけです。

例えば、太陽光発電の土地として利用できる土地を所有している場合、事業用地として購入を検討する買い手は、その土地がエリア的にも魅力的と判断すれば、多少高かったとしても、太陽光の事業で十分回収できると思えば、購入してくれます。もちろん高すぎ場合は難しいかもしれませんが...

このように多少高くてもメリットを感じさせる事ができれば購入に至る可能性は十分にあります。特に上述したような事業用地に適している土地を所有の場合は、事業次第で回収可能と判断させることで価格の問題は解消できるケースがあり、高くても売れる可能性はあります。

ターゲットに応じてですが、どのように、自分の土地のメリットを伝え、売却していくかが重要です。

とても難しい事ですし、自分だけでできる事ではありません。契約した不動産会社と一緒にターゲットを絞って売却活動していく事が必要になるので、一緒になってターゲットに合った売却活動を考えてくれる業者を見つける事も高く売る為に重要となってきます。

田舎の土地を売る